民営の霊園は生前購入が可能

多摩の霊園の良いところ

多摩には霊園がたくさんあります。霊園は墓地のようにお寺によって管理されてはいません。そのため宗派も関係なく、無宗教や国籍など問わず誰でも利用をする事ができます。また檀家制度もないので、自由度が高く、お墓のデザインも自由に選ぶことができます。
多摩の霊園には公営霊園と民営霊園があります。お墓というとどうしても管理費や永代使用料がかかりますが、公営霊園は他に比べるとこのような費用が安いというメリットがあります。但し人気があるため応募による抽選になることが多く、希望してもなかなか入ることができません。民営の霊園はサービスが充実しているというメリットがあります。場所的にどうしても交通の便が悪いところに霊園があるという場合でも、バスなどの送迎サービスが付いていたり、施設なども充実しているところが多いです。また、公営霊園は生前購入ができないのにたいし、民営の霊園は生前購入ができるので、事前に自ら購入しておくという方も少なくありません。
多摩にも寺院に併設する墓地も霊園も多くの種類があるため、自分の希望にあった霊園が見つけやすいです。環境も豊かなので、他にはない特別な場所を見つけることができるでしょう。

永代供養にも対応する多摩の霊園

最近は個人の墓地を持たず永代供養を行う人も増えてきました。霊園の多い多摩でも、最近は永代供養が行える永代供養墓を持つ霊園が増えています。
永代供養が増えているその理由として上げられるのは、少子化が進んでいることがあります。実際に子供が居ない、または子供はいるけど女の子しか居ないという場合、お墓の継承者が居なくなってしまいます。また、お墓を維持するとなると管理費や、お寺ならお布施などといった様々な費用が掛かりますが、霊園での永代供養となると永代供養料を支払えば管理費も必要ありません。また霊園ならお布施も必要ありません。残される家族のことを思って、余計な負担を掛けないようにと生前から永代供養を希望するという方が多くなってきています。また宗教に関係なく入れるというのもメリットの一つでしょう。
多摩の霊園でもこうした永代供養墓が多く見られるようになってきました。多摩の霊園は都心からのアクセスも良いということから人気も高まっています。永代供養をしてもいつでもお参りに来てもらえるという安心感もあります。また自然が豊かでゆったりとした時間の流れる多摩の霊園なら、永代供養に最適な場所であるとも言えるのでしょう。